ほや 時期

ほやがよく出回る時期

スポンサードリンク

ほやの刺身は、ほとんど手を加えることなく食べられる珍味です。

 

独特の磯の香りが強く、苦手だという人もたくさんいるでしょうが、一度食べたらやみつきになるという人もいます。

 

ただ、ほやが苦手だという人は、鮮度が落ちたものを食べたせいかもしれません。旬の時期の新鮮なほやは何よりも絶品なのです。

 

さて、そのほやの旬の時期ですが、
5月から8月あたりとされています。

 

ほやは11月ごろから翌春にかけて産卵期に入ります。この時期は食べることができませんが、春ごろから太り始め、6月〜7月ごろには旨味と甘みが増していき、この時期が一番の食べごろです。

 

この旬の時期は、ほやに含まれるグリコーゲンが冬場の何倍にもなりますし、タウリンや鉄分、カルシウムなどの栄養素が豊富で、美容や滋養強壮にもとても良い食べ物です。

 

昔から、ほやは「藤の花の咲くころが旬」とも「キュウリと一緒に食え」とも言われていますが、ほやの栄養素が最大で旨味が一番の時期をみごとに言い得ています。

 

この旬な時期のほやを食べたなら、ほやが苦手だという人にもそのおいしさがわかるのではないでしょうか。旬のほやは独特のクセや臭みもありませんし、ほのかな磯の風味が味わえますので、魚介全体が苦手という方ではない限り、自信を持ってお勧めできる食材です。

 

関東以南の方は、なかなか旬の時期の鮮度の保たれたほやを口にする機会がないかもしれません。しかし、今では東北地方の商店の中には、何店もネット通販で新鮮なほやを扱っています。旬の時期である夏のうちにおいしいほやを味わっておきましょう。

スポンサードリンク