ほや 冷凍

ほやの冷凍保存について

スポンサードリンク

ほやは鮮度が命です。ほやを苦手としている方は、クセの強さや臭みから敬遠していると思いますが、それはおそらくあまり鮮度の良いものを食べていないからだと思います。

 

新鮮なほやは臭みもほとんどなく、
磯の風味を味わえて最高の珍味
ですよ。

 

さて、そんなほやですが、いざ保存するとなるとなかなか難しい問題です。冷蔵庫に入れておくだけでは、1〜2日で食べられなくなりますし、冷凍保存するにしても、正しい方法で行わなければ、解凍した時にどうしても鮮度が悪くなってしまいます。

 

そこで、ここではほやの正しい冷凍保存法をご紹介しましょう。

 

ほやの冷凍保存法

殻をむく際のポイント

まずは、ほやの殻をむいてください。殻をむくときにほやの中から水が飛び出しますが、冷凍する時に一緒に使いますので、ボウルなどに入れて捨てないようにしてください。

 

できる限り真空

ほやの身を取り出したら、適当な大きさに切り分けます。その後、冷凍しますが、冷凍容器として、空気を含まないでできるだけ真空状態にできるものを用意してください。ジップロックなどのフリーザーパックがちょうどいいかと思われます。

 

液と一緒に保存

さて、その容器に、切り分けたほやの身と、先ほど殻をむくときにほやの中から出てきた液を一緒に入れます。この時、注意する点として、できるだけ空気を入れないようにすることです。あと、水と一緒に冷凍しないと、解凍した時にほやの身がパサパサしたり、大きく変色したりするので、ここも要注意です。

 

変色はしかたない

これであとは冷凍庫に入れるだけで完了です。冷凍すると、どうしてもほやの身の色が変わりますが、味はほとんど変わりませんのでお気になさらずに。

 

解凍する時は、自然解凍でOKです。
あとは好きな時に、ほやを味わってくださいね。

スポンサードリンク